面談カウンセリング・セラピー・コーチング・講演会講師・グループスーパービジョン

気になる子の気づき

気になる子の気づき

気になる子には理由がある

集団場面の中で年齢相応の発達からみると”すごく得意な分野がある一方で極端に苦手なことがある”など、気になる子どもをみかけることがあります。
毎日の生活場面で「どうして何度言っても分かってくれないのだろう」と思うこともあるでしょう。
しかし、もしかしたら気になる子どもの行動には何か理由があるのかもしれません。
お子さんに生活しにくさがあるようならば、その子をとりまく環境をよく観察しましょう。
対応を工夫して環境を整えることで、問題と思われていた行動が軽減することがあります。
また、虐待などの家庭環境の問題や身体疾患などの病気も、気になる行動の原因になることがあります。

気になる行動と気づきのポイント

人との関わり

友だちと一緒に遊ぶことが苦手な子どもの場合、年齢相応に相手の気持を想像したり、場の雰囲気を共有したりすることが苦手なのかもしれません。
また、状況に合わせたやりとりが苦手なのかもしれません。
無理をせず、その子が安心して過ごせる環境を保ち、ゆっくり見守りましょう。画像の説明

《気づきのポイント》

  •  ひとり遊びが多い、一方的でやりとりが難しい
  •  おとなしすぎる、常に受動的
  •  おとなや年上の子、あるいは年下の子とは遊べるが、同じ年の
      子どもとは遊べない

コミュニケーション

おしゃべりだけど、「相手にわかるように伝える」ことが苦手な子どももいます。
また、話すことに比べて「聞いて理解する」ことや、表情や声の調子など「ことば以外の状況から理解する力」が弱い子どももいます。
具体的でわかりやすい声かけを心がけ、本人が言おうとしていることを整理して聞くような工夫をしましょう。

《気づきのポイント》

  •  お話は上手で難しいことを知っているが、一方的に話すことが多い
  •  おしゃべりだが、大人の指示が伝わりにくい
  •  お話を聞かなければならない場面で聞いていない

イマジネーション・想像性

相手の気持を想像することが苦手であったり、暗黙のルールなどがわからないと、場にそぐわない発言や行動に結び付くことがあります。
また、経験をもとに状況を予測することが苦手である場合、急な状況変化に対応しなければならない時に、暴れたりパニックを起こすことがあります。
場面や状況、相手の気持・先の見通しや予定・具体的なやり方を丁寧に教えてあげるようにしましょう。

《気づきのポイント》

  •  相手にとって失礼なことや相手が傷つくことを言ってしまう
  •  お友達がふざけてやっていることをとらえ違え、いじめられたと思ってしまう
  •  集団で何かしている時にボーッとしていたり、ふらふらと歩いていたりする
  •  急な予定変更時に不安や混乱した様子がみられる

注意・集中

注意の配分が上手くできない人は、たくさんの感覚を同時に処理することが苦手な場合があります。
同時に2つのことができなかったり、考え事をしていると指示を聞きそびれてしまうことがあります。
また注意がそれやすい人は、新しい刺激があるとそちらに気が向いてしまい、今していることを忘れてしまうことがあります。
”丁寧に声かけをして注意を喚起する” ”気が散らないようなシンプルな環境にする”など工夫しましょう。

《気づきのポイント》

  •  ひとつのことに没頭すると話しかけても聞いていない
  •  落ち着きがない・集中力がない・いつもぼんやりとしている
  •  忘れ物が多かったり、毎日のことなのに支度や片づけができない

感覚

感覚の敏感さ、鈍感さのために生活場面で困ることがあります。画像の説明

無理をさせない方法を考えましょう。
落ち着くことができる場所を用意し、刺激を減らすことで安心できたり我慢できたりするかもしれません。
好きな感覚をみつけてあげましょう。
好みの感覚は安心感、リラックスや気分転換などに使えるかもしれません。

《気づきのポイント》

  •  ざわざわした音に敏感で耳をふさぐ、雷や大きな音が苦手(感覚)
  •  靴下をいつも脱いでしまう・同じ洋服でないとダメ・手をつなぎたがらない(触覚)
  •  極端な偏食(味覚・臭覚など)
  •  揺れているところを極端に怖がる・すき間など狭い空間を好む

運動

身体全体を使った運動、細かい手先の操作や協調動作の苦手さが見られる場合があります。
まずは、身体を使って楽しめること・できることが何かを探してみましょう。
叱責は厳禁です。

《気づきのポイント》

  •  身体がクニャクニャとしていることが多い・床に寝転がることが多い
  •  極端に不器用・絵を描く時やひらがなを書く時に筆圧が弱い・食べこぼしが多い
  •  運動の調整が苦手で乱暴に思われてしまう・大きすぎる声

学習

得意分野と苦手分野の差が極端にみられることがあります。
周囲から「博士」と呼ばれるぐらい物事を覚えることが得意な子どももいます。
学習の工夫とともに、得意なことを伸ばして生活に生かしましょう。

《気づきのポイント》

  •  話が流暢で頭の回転が速いことに比べて、作業が極端に遅い
  •  難しい漢字を読むことができる一方で、簡単なひらがなが書けない
  •  図鑑や本を好んで読むが、作文を書くことは苦手

情緒・感情

感情のコントロールが苦手な場合があります。
こんなことでどうして怖がったり怒ったりするのだろうと不思議な印象があるかもしれません。
この背景には”想像することが苦手であったり” ”感覚の過敏さがある”など、前述してきた複数の要因が考えられます。
ちょっとしたことにつまずいて自信を失いがちなので、安心感や成功体験が増えるように支援しましょう。

《気づきのポイント》

  •  極端な怖がり
  •  些細なことでも注意されるとかっとなりやすい、思い通りにならないとパニックになる
  •  一度感情が高まると、なかなか興奮がおさまらない 

子どもの行動を注意深く観察して気づくことが重要です 画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional